クラブ紹介

JARL QRPクラブの歴史

JARL QRPクラブの歴史は1956年6月までさかのぼります。
清水OM(JA0AS 故人)を会長とする7名のグループでスタートし、
現在は300名前後の会員が活動しています。

JARL QRPクラブの運営

クラブの運営は民主的な手続きで決められた会則にもとづいて行われます。
この会則により3年毎に役員が選挙で選ばれます。
全国的な組織のため、クラブの運営はこの役員が中心になって決定し実行します。

JARL QRPクラブの活動

QRPクラブの活動は、QRPと名のつく物ならなんでもやっています。
主な物はQRP関係のアワードの発行、QRPerのためのコンテストの開催等です。260名を超す会員のトランシーバーやアンテナの自作、
モービルから山岳移動までの移動運用のノウハウ、
国内・国外のHFからUHFまでの運用などもあります。
興味のある内容について有志を募ってトランシーバーやアンテナを製作したり、
運用を行ったりする活動も行うことができます。
これらの活動内容は会報で紹介するほかに、CQ誌への掲載や連載を行うこともあります。
これらの活動を集大成した「QRP入門ハンドブック」(2016刊)がCQ出版社から出版されました。

ミーティング形式の活動は、年1回の全国集会とハムフェアへの出展があります。また、札幌、東京、名古屋地区ではクラブのメンバーが中心になって定期的に地域ミーティングを行っており、クラブの会員以外も参加可能です。具体的なスケジュールは役員会にお問合せください。

JARL QRPクラブの入会資格

QRPに興味を持っている方(個人)なら誰でも入会出来ます。
現在の会費は「無料」です。(次年度以降は会費が必要になるかもしれません。)

なお、会員の義務は以下のように三つあります。

  • 1、3年に一度、または不定期に行われる役員選挙に投票すること。
  • 2、毎年、会員資格を継続登録してメールや郵便で連絡が取れるようにすること。
  • 3、その際に近況報告を行うこと。
  • JARL QRPクラブに興味を持ったら・・・

    新規入会及び再入会・会員継続のお申し込みはこちらからお願いします。

    JARL QRPクラブへの質問は・・・

    こちらからお願いします。通常のメールの場合は、qtc@jaqrp.org(@は@に置き換えてください)あてに送付ください。メールは役員会(会長、副会長、事務局長、会計、監査役)の全員で回覧し、必ずお返事を差し上げます。メールの内容によっては質問者の了解をいただいた上で質問と回答を会報などで公開いたします。

    JARL QRPクラブの会則

    JARL QRPクラブの会則等はこちらです。

    JARL QRPクラブの役員・監査役(2017年4月現在)

    会長 JA8IRQ 福島
    副会長 JE1ECF 斎藤
    事務局長 (  ) (欠員)
    会計担当 JR1QJO 矢部
    監査役 JR7HAN 花野
    監査役 JE1UCI 冨川